The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations


2022年05月16日

第39回製剤と粒子設計シンポジウム 会告及び講演募集


第39回製剤と粒子設計シンポジウムを下記の要領で開催します。5月現在のコロナの感染状況も踏まえ、極力これまでのシンポジウムに近い形で交流できるように工夫をして、各種講演、展示を実施します。つきましては講演、パネル発表演題を募集致しますので、奮ってお申込み下さい。なお、状況が変化しましたら、開催形式を含めて適宜変更することがあります。その際は、逐次HPに掲載し、発表者には個別に連絡をします。開催形式変更に伴って、参加費および展示費も変更する場合がありますが、その際は差額を返金致します。ご不明な点は事務局までお問い合わせ下さい。

開催概要

と き:令和4年11月29日(火) ~ 30日(水)

会 場:アクリエひめじ 〒670-0836 兵庫県姫路市神屋町143−2 https://www.himeji-ccc.jp/

講 演:特別講演、受賞講演、奨励賞対象講演、一般講演、パネル口演(展示あり)

主 催 (一社)粉体工学会・製剤と粒子設計部会
共 催 (一社)日本粉体工業技術協会・粒子加工技術分科会
協 賛 日本薬剤学会、化学工学会、材料技術研究協会、日本食品科学工学会、高分子学会、製剤機械技術学会(予定)

講演の種類

Ⅰ)一般講演:オリジナル研究、研究中間報告などで下記テーマに沿ったもの
<テーマ> 1)新製剤技術
2)粒子設計のための素材、製剤プロセス
3)粒子物性の計測と評価

Ⅱ)奨励賞対象講演:テーマは一般講演に準じ、未発表の内容を主体とするものに限定
※対象年齢35歳未満

Ⅲ)パネル展示(自社製品、技術紹介):

以下の3種から選択できます。なお、展示費用は同一です。また、パネルディスカッションに関する案内が必要な場合は、部会事務局までお問合せ下さい。

①パネル口演及び展示:1パネル3分の口演(質疑なし 自社製品、技術紹介)及び展示

②新製品・新技術セッション及び展示:一般講演に準じた技術情報等(内容が新製品、新技術に関するものに限る)及び展示

演題講演時間6分、6演題までを予定、応募が予定数を上回る場合は、申込用紙の講演概要により採否を決定し、連絡します。

展示のみ(口演なし)

講演申込方法

当ホームページ「参加申し込み」よりお申込み下さい。

参加費

主催・共催学協会員   25,000円(協賛学協会員は非会員扱いとなります。)
非会員         45,000円	   
大学・公立研究機関関係 10,000円
学生           5,000円

なお、パネル展示については参加費の他に下記の展示料が必要です。
主催・共催学協会員会社 80,000円
〃 以外 120,000円

締め切り

講演申込締切 令和4年7月15日
講演要旨締切 令和4年9月30日
参加申込は8月上旬開始を予定しています。

 

第39回製剤と粒子設計シンポジウム会告・講演募集PDF

 












Translate »